きちんともてなすことができますが、同時に一定の距離を保ちます

温州是个很小的城市,短短5天,陈佳寅带着石潇然走遍她成长的足迹:这个江心屿适合避暑;我自小去少年宫上奥数,会特地翻过那座松台山;在那条五马街上,有我和闺蜜讲的一串串八卦…… 对于坐拥名胜古迹的北京人来说,这些景点可能并不稀奇,但石潇然却被这个“地陪”女孩的细致安排打动了:从每天吃什么特色早餐开始,逛哪里,吃什么,体验什么活动,几点结束要不要补觉……甚至回去的时候带的特产都替他想好了。 “这是北京来的小伙子,但不是男朋友。”陈佳寅介绍说。在场的朋友们啧啧摇头,起哄之意弥漫在一群年轻人之间。 回北京那天,一向对起飞预留时间十分严谨的石潇然,决定在市区再多呆一个小时,好一起再吃上一顿饭。这是一家温州传统小吃店,服务员上了菜,似乎和点的不太一样,石潇然和陈佳寅同时把头扭向菜单:“这是啥 ” 这一瞬间,是第一次的默契,也被两人珍藏至今。 石潇然后来没有误机,但是有些后悔告别的时候没有抱抱这个女孩子,哪怕有点突兀。 然而陈佳寅对此毫不知情。 “温州人一定要找温州人”——仿佛一个祖训,又像一个魔咒,温州年轻人往往从大学开始,在父母的安排下,走入相亲市场,争取“在最好的年纪”搞定婚事。 相亲对象大多有着同一幅画像:工作稳定有编制,父母都是朋友或相熟,家庭情况知根知底,婚房已经准备好,可能刚买了辆不错的车……老一辈眼中的“理想生活”徐徐展开。 如果说这是所有婚姻打开的默认范式,那陈佳寅和石潇然越来越默契的互动和不经意的怦然心动则代表着另一种可能,它叫爱情。 陈佳寅择偶时携带着三不原则,“不找外地人,不找比自己小的,不找胖子”,但碰到石潇然后,自我约束的情感定式全部瓦解。随后是半年的“地下情”,这期间俩人只见过3次面,但感情日益升温。 终于,陈佳寅为了拒绝一位父母特别满意的相亲对象,乖乖女语出惊人:“我有男朋友了。” 终成眷属 接下来的情节宛如《梁山伯与祝英台》,为了劝回女儿,父母苦口婆心,彻夜不眠。 所有的反对都出自最真心的关切,但却以最冰冷的方式让家庭氛围如坠冰窖。“我吃过的盐比你吃过的米饭还多。”父母见过很多不成功的异地恋情和婚姻,女孩都是吃亏和心碎的一方。 纵然这是事实,但陈佳寅自己也不知道如何向父母证明,他们不一样。 石潇然特地从北京飞来,希望能和叔叔阿姨坐下来聊聊,苦苦“申请”几次,才得以约在一间咖啡馆见面。两个大人坐在对面,威严而冷漠,最后也没让男生踏进家门。

这场斗争持续了将近四个月,惊动了所有可以惊动的亲戚。最后倒是农村的奶奶跟爸爸说,“我看啊,他们两个情谊很好。” 奶奶只有小学文化,普通话都不会说,平时最好给村里人拉红线。没想到她会用温州话说出这几个文绉绉的字,这句话陈佳寅一直记到现在。 有了奶奶的肯定,家里总算同意了,然后跟陈佳寅提出,谈得差不多,就别多耽误,该结婚了。 石潇然身边,25岁就结婚的北京男孩屈指可数,但他却愿意为此“早婚一族”:“可以说,之前没想过结婚,遇到她了,觉得结婚也挺好。” 因为自己是要“拐走”温州女儿,石潇然对婚礼没有提任何要求意见,一切依着女方当地习俗办。 温州人对婚礼排场有着执着的标准,婚礼得风风光光:接新娘是什么档次的车队,婚纱礼服是进口的还是国产的,酒席上喝茅台还是五粮液,连桌上的黄鱼是不是野生的都会成为宾客对主家品头论足的证据。而彩礼和嫁妆,更代表两个家庭的暗暗角力。不少温州情侣,最终散伙在了婚礼筹备的路上。 陈佳寅有点厌倦这种做给别人看的排场,希望婚礼一切从简。和父母又一番争论后,最终双方彩礼嫁妆双免,她也争取到了婚宴前不坐婚车,穿着礼服手拉手徒步走到酒店,“我觉得特别酷”。 婚礼上的情感都是真挚的。奶奶抚摸着父母当年的结婚照,给孙女把捧花摆好;妈妈刚把新人送出门,转脸就哭成泪人儿;爸爸把女儿的手交给女婿的时候,重重拍了拍,自己的肩膀有点抖动。 浓厚的本土人情氛围包围下,反倒是主角之一的新郎更像“重在参与”的工具人,但有什么关系呢,这一天过去,才是新生活的开始。 婆媳关系 结婚前的一天,石潇然憋了很久终于鼓起勇气开口:“我们以后先和我妈妈一起住,好不好 ” “我当时本能反应,哇的一下就哭了。”陈佳寅回忆说。 正是在影视剧里看多了水火不容的婆媳关系,她从恋爱开始就约法三章,婚后一定要过二人世界。结果现在,她以为曾经的承诺都失效了,害得石潇然哄了好久才把她的眼泪止住。 其实这也是一个理性的决定 。石爸爸不久前意外病逝,做儿子的不希望妈妈孤孤单单。另一方面,婆婆也觉得,小两口每天忙于工作,回家有一口现成的热饭菜吃,家里一直干干净净,是自己能给他们最大的支持。 至于婆媳关系会怎么发展,只好走着看了。

姑が逆に嫁の友人の輪の中で秀を愛する存在になったとは誰も思わなかった。これは生活上の配慮と包容力だけではありません。「ある週末、私は昼まで寝て起きたのに、彼女は私に温州人の大好きな朝食のもち米を作ってくれた!」さらに、姑の女性としての広い思想、独立した態度、豊かな生活。 このような経験もあり、陳佳寅は姑がこんなにスマートで独立した女性であることを意識させた。彼女は特に姑の一言に感心した。「大人も子供の生活に干渉しないで、子供も大人の生活に干渉しないで、このまま無事に過ごせばいい」。 結局、二十数年の異なる生活習慣と軌跡は、一緒にいると多少摩擦があるが、陳佳寅は徐々に悟った。「もしあなたの出発点が理解と愛であれば、自分が悔しいとは思わない。もしあなたの出発点が恐怖と歓心であれば、あなたはきっと内に攻撃して、不満を蓄積するだろう」。 板ばさみになるはずだった石瀟然が、かえって人生の勝者になった。彼はいくつかの矛盾の中でその「悪人」になることを喜んで、妻と母に連合して銃口を自分に向けさせて、「彼女たち二人は戦線を統一して、私はどんなに楽しかっただろう」。 婚姻を営む 陳佳寅さんは自分が北京に行ったとき、道理をわきまえた姑に出会えてよかった。どうやって結婚をうまく経営するかは、結局は夫婦にかかっている。 2人の一人っ子が家族を構成し、それぞれ異なる成長背景と文化環境が常に衝突している。 結婚して間もなく、大学に通っていた従弟が北京に姉の義兄を見に来て、姉弟はいずれも黙認して、従弟は家に数日住んでいた。陳佳寅はこのことを夫に「知らせ」たが、石瀟然は顔色を変え、「これは不便だ」と硬くいくつかの字を絞り出した。 陳佳寅は当時、「何か不便なことがあるのは、自分の家族だけではないか」と爆発した。小さい頃から家族の親戚の間で、あなたのことは私のことで、大家族のことで、夫がこんなに生分けされているとは思わなかった。いとこや自分の温州の家族に知ってもらうと、きっと彼らのもてなしを「恨む」に違いない。 石瀟然はさらに、「私たちは弟にお金を出してホテルに泊まって、家に来て客になることを含めて食事をごちそうすることができます。しかし、家に泊まって、私たちの家にはこの前例がありません」と説明した。彼の育った環境では、直系親族以外は「よそ者」であり、自分の生活を邪魔する理由はなかった。きちんともてなすことができますが、同時に一定の距離を保ちます。 「私は本当に彼の立場を理解するのに時間がかかった」。長い間付き合ってきた陳佳寅は、独立して自由で、公私の区別がはっきりしている夫を受け入れると同時に、彼のはっきりした人間関係を受け入れなければならないことを知っていた。さらに、夫の立場の背後には、夫婦の家庭の中核的な位置を維持するためのものや、核家族の独立性がある。これは伝統的な大家族式結婚には欠けているが、貴重なものである。 石瀟然は妻と温州の実家に帰ると、いつも人情の上でそんなに「上道」しない。例えば、注文を取り合う食事局ではやや弱かったり、お年玉やお年玉に「目が利く」ことがなかったりします。義父さんは時々「この子は気前が悪いのではないか」とつぶやく。

直到最近一次到北京,石潇然认真地把自己的计划和盘托出:根据目前两个人的收入,积蓄和周边小区的房价情况,他希望在最近几年,买一间房子让岳父母将来在北京养老,最好能和小夫妻目前的住所之间保持“一碗汤的距离”。 他陪着岳父岳母找中介看了几套房子,大概了解二老的偏好,以后好有倾向。“这个目标是他定下后,才告诉我商量的。”陈佳寅很感动,毕竟在北京买房,不是一件简单的事情,刚结婚那几年,她也从没提过。 今年8月1日,是他俩确认恋爱关系的12周年纪念日,而结婚10周年的日子也就在年底。回望已经走过的婚姻之路,他们感慨最多的就是“幸运”。两个平凡的人,有幸遇见彼此,并一路相伴扶持,凭借真诚和勇气跨过一道又一道现实的坎。 很多不熟悉的人会惊讶于他们之间“老夫老妻”的默契,同时又羡慕,他们的状态似乎还和热恋一样。关于这其中的秘诀,他们说:“常怀感恩,用心经营。” きちんともてなすことができますが、同時に一定の距離を保ちます 热门话题


1e

发表评论

Copyright 2002-2022 by 杭州永辉洗扫车生产有限公司(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.